前へ
次へ
トップページめん処播州乾麺のできるまでレシピ兵庫県乾麺協同組合
めん処播州の紹介

■そうめん茹でマイスター検定
-募集要項-


プライバシーポリシーについて

めん処播州の紹介
■播州地方-麺づくりの歴史-
奈良時代に遣唐使によって大陸から伝えられた『索餅』和名「麦縄/むぎなわ」と呼ばれる縄状の麺が「そうめん」の元祖と言われています。>>続きを見る
めん処播州の紹介
そうめんの基礎知識の解説

めん処播州の紹介
※再生中にキーボード"f"を押すと全画面に。再度fで戻ります。
 
 
乾めんの出来るまでをムービーで紹介
■乾麺づくりの工程
乾麺の製造工程を動画でみれます>>動画を見る

 

播州めんのレシピ
■レシピの紹介
注目のレシピの紹介!
手軽でヘルシーなレシピを紹介
カロリー計算もされてるよ。
>>続きを見る


播州めんのレシピ
■「播州素麺」は当組合の登録商標です。
最新のお知らせ

この度は「兵庫県乾麺協同組合」のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
当組合の活動状況や運営するパーキング情報等については、兵庫県乾麺協同組合の下記のブログ(Ameba)でも随時お知らせしておりますので、そちらの方も是非ご覧ください。
(<乾麺組合情報コーナー(Ameba)>よりお入りください) 

2024年7月
7月7日(日)の「播州そうめんの日」に当組合のPR事業の一環である「乾めんサンプリング(無料配布)」を実施し、大盛況のうちに終了することができました。受取られた方もそうでない方も、皆様、今後とも播州乾麺(そうめん、うどん、そば等)をよろしくお願いいたします。(サンプリング事業の様子)







2024
年6月
当組合事業の一つとして7月7日(日)の「播州そうめんの日」に、下記の通り「乾めんサンプリング」(無料配布)によるPR活動と災害義援金としての「募金活動」を実施します。
また、同じ7月7日が「乾しいたけの日」であることから、コラボサンプリングとして「乾しいたけ」のサンプリングも同時に実施します。
◆実施日   7月7日(日) <「播州そうめんの日」、「乾しいたけの日」>    (当組合では7月7日を「播州そうめんの日」としています)
◆実施場所 JR姫路駅北側地下1階(JR・グランフェスタ間の地下連絡通路)
◆実施予定時刻   午前11時より配布(配布終了まで)
◆配布数   1,500袋


関連リンク

乾麺協同組合ブログ

全国乾麺協同組合連合会リンク

兵庫県乾麺協同組合